ピルと聞くと避妊薬というイメージが強いと思いますが、それ以外にも生理不順を改善させてくれたり子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんの予防になったり、ホルモンバランスが整えられたりと色々な効果があります。それをここでは詳しく説明していきます

ピルは月経過多や血圧低下を改善させる?

ピルと言ったらセックスの際の避妊薬の効果しかないと思っている人も多いことでしょう。

ピルには女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンが含まれていてそれが体内に入ることでホルモンバランスを整え、女性の体の不調を軽減したり改善する効果があります。

女性の悩みの代表であるPMSや生理痛、月経過多などの症状を改善させます。
月経過多によっておこる貧血なども改善する他、加齢によってエストロゲンが減少することによって起こる骨粗鬆症のリスクも軽減します。

また、血圧低下の症状がある人にも有効であるとされています。
ピルの服用は血圧を上昇させる効果もあり、もともと低血圧な人には良い影響と言えます。
しかし、血圧低下気味の人には良くても、高血圧気味の人がピルを服用すると血圧が上昇するので注意が必要と言えます。

ピルは、強制的に体を妊娠した状態にするために、初めて服用する場合は妊娠初期に見られる吐き気や頭痛、不正出血などの症状が出ることもありますが、体がピルの服用に慣れてくれば収まります。

それ以外には、長期的に服用することで卵巣嚢腫や子宮内膜症や子宮筋腫などにも有効な薬であり、一部の薬は卵巣機能不全の改善にもつながるため不妊治療にも使用されることがあります。

生理不順な人には、ピルの服用で生理周期が安定するため、旅行やプールなどの予定と重ならずに生理がコントロールできるというメリットもあります。

生理痛や月経過多、血圧低下の改善など、様々な体の不調に効果がありますが、一方でデメリットがあるということも十分に理解して服用するようにしましょう。

ピルの入手方法としては、最近ではネットなどで購入することもできますが、初めて服用する場合はやはり婦人科などで処方してもらうほうが良いでしょう。