ピルと聞くと避妊薬というイメージが強いと思いますが、それ以外にも生理不順を改善させてくれたり子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんの予防になったり、ホルモンバランスが整えられたりと色々な効果があります。それをここでは詳しく説明していきます

ピルは処方箋で出された高品質のものを使うようにする

ピルはクリニックで検査をした後に、処方箋を出してもらわないと購入することができないといいます。
最近はネットで個人輸入をして購入することができるということですが、やはり高品質のピルを購入したいときは医師から処方箋をもらうようにしておくほうがいいです。
一般的な女性の月経周期は大体28日間だといわれています。この28日の間にピルを服用して避妊を行うようにします。
ピルを服用するときは、正しい使用方法を知っておくことが大切です。
通常は、ホルモン剤が含まれている薬剤は21日間、そしてその7日の間、ピルを服用するのを休みます。休んでいる間に生理のような出血を確認することができます。ピルは28日分を1つのシートにされているので、必ず1シートごと服用するようにしておきます。飲み忘れてしまうと意味がないので、必ず、いつ飲むのか、ということを決めておくといいです。
処方箋のないピルをネットなどで購入してしまうと、自分の体質にあわないものだったり、体調が悪くなってしまうこともあります。なので、きちんと処方箋から作られたピルを飲むようにすることが大事なのです。また、ネットのものだと安い分少し品質に問題があるものなどもある可能性があります。なので、高品質のものを購入することができるクリニックなどのもんを利用するのが大切なのです。
服用していると、副作用をはじめのころは感じることがあります。たとえば、頭痛や吐き気、お腹がゆるくなったり、といった不調を感じることがあります。ですが、慣れてくるとこの症状も感じなくなるといいます。
クリニックなどで処方された高品質のものを購入して、体調にあったものを飲むことが大切なのです。