ピルと聞くと避妊薬というイメージが強いと思いますが、それ以外にも生理不順を改善させてくれたり子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんの予防になったり、ホルモンバランスが整えられたりと色々な効果があります。それをここでは詳しく説明していきます

ピルの効能の一つに胸のはりがあります

避妊効果を求めてピルを飲む女性も増えている中で、様々な効能があるということで注目している人も少なくありません。女性ホルモンが配合されていて、服用していく事で擬似的な妊娠状態を作り出して避妊効果を得る事ができるのですが、生理周期の安定なども効果が見込めるだけでなく、ニキビや肌荒れなどの改善などにも効能があることが知られています。実際にニキビ治療にもピルは処方される事があります。

そして、女性ならとても喜ばしく感じるかもしれない効能に、胸のはりがあります。ピルの服用をしていく事で体調の変化なども現れてきますが、人によっては胸が大きくなったように感じたりすることもあります。これは女性だからこそと言ってもいいかもしれませんが、妊娠状態に体が一時的になっているので、体がふっくらとより丸みを帯びてきますし、胸も張ってきて大きくなるように感じるのです。

これをメリットと考えるか、デメリットと考えるかは女性の状況によっても変わってきます。けれども概ね胸が大きくなるのは嬉しいと感じる女性のほうが多いようです。何シートか継続していく事でホルモンの変化に体が慣れてきますので、はりなども次第に落ち着いては来ますが、余りにはった感じが強くて痛みが長く続くようであれば、念のため病院に相談をしておく方が良いでしょう。

いろんな効能がありますので、ピルを検討している人はこうした様々な面にも目を向けてみましょう。長期で続けていくとバストアップをしたような感覚になりますが、服用をやめると元に戻る事がありますので注意をしておきましょう。基本的にはきちんと避妊効果のための手段の一つとして、正しく服用を続けていくようにして下さい。