ピルと聞くと避妊薬というイメージが強いと思いますが、それ以外にも生理不順を改善させてくれたり子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんの予防になったり、ホルモンバランスが整えられたりと色々な効果があります。それをここでは詳しく説明していきます

オギノ式で具合悪いと感じるならピルも検討を

避妊の方法はいろいろありますが、昔はオギノ式もよく使われていました。考案した本人としては、避妊のために使うのではなく、不妊治療など妊娠のために使って欲しいと願っていた手法でした。それでも一般的に女性の生理周期に合わせて考えて使われていたのですが、それでも排卵の乱れが起こると望まない妊娠に繋がる事はあったのです。

それでは避妊方法としては具合悪いというのは当然の事ですから、ピルの利用も検討をしてみて下さい。オギノ式ももちろん並行して利用をしていけば自分自身の体調管理も出来ますし、今後また妊娠をしたいと思った時にピルの服用をやめた後は、荻野式を参考にしながら妊娠のタイミングを考えていけばよいのです。

オギノ式に関しては、女性だけの生理周期を考えるのではなく、男性側も一緒に協力する事が必要不可欠です。そうでないと避妊効果も見込めませんので、その点でも具合悪いと考えられたのでしょう。ピルは以前は世間の目から見るとあまりよくないもの、具合悪いものとみなされてきていましたが、今ではそうではありません。女性が自分自身の意思で妊娠を選択できるようにという一つのツールとして段々と認知が進んできているのです。

オギノ式自体は自分で生理周期を見直して避妊をするのですが、ピルに関しては一定時間に飲み続けていくという方法です。ピルは飲み続けている間はほぼ100%に近い避妊効果を得る事ができますので、もっと安心して避妊をしたい時には病院やクリニックなどで処方をしてもらいましょう。女性の体はデリケートなものです。近年は社会環境の変化で避妊を考える人もいれば、妊娠のために努力をしている人もいるので、上手にピルなども生かしていけるようにしてみて下さい。