ピルは避妊以外にも色々と効果があります

ピルと聞くと避妊薬というイメージが強いと思いますが、それ以外にも生理不順を改善させてくれたり子宮内膜症、子宮体がん、卵巣がんの予防になったり、ホルモンバランスが整えられたりと色々な効果があります。それをここでは詳しく説明していきます

ピルの多様な効果について

医療技術の発展に伴って、今の日本では実に様々な便利な薬が開発利用されるようになってきたものであります。例えば一昔前までであれば避妊に失敗してしまったとしても緊急避妊薬という便利な薬はなかったので、避妊に失敗してしまった人はとにかく自分が妊娠してしまわないように祈る位しかすることがありませんでした。それが今では病院等で簡単に誰でも緊急避妊薬を処方してもらえることになったことで、望まない妊娠を避けることが出来るようになりました。それから緊急避妊薬以外にもまだまだ便利な薬はあります。ピルも最近は様々な世代の人達が様々な効果を期待して服用することが多くなっているのです。それでは具体的には一体どのような効果を期待して人々は服用しているというのでしょうか。
まずはピルというのはあくまでも薬になるので、長期間服用するのは身体にとって良くないのではと誤解されていらっしゃる方も未だに多くいますが、実は副作用よりもメリットの方が遥かに多い薬であるし、長期間に渡って服用しているからといって身体に悪影響をもたらす心配はそれほど多くありません。むしろ長期間服用することでガンや子宮内膜症等の子宮に関する様々な病気の発症率を下げることが出来ますので、そういった病気予防の為の効果を期待してあえて長期間に渡る服用をしている人達も多くいるのです。それから長期間服用することによるメリットとしては他にもニキビ等の肌荒れが改善するという効果もあります。特にニキビ等の肌荒れは大人の場合は思春期の人達の場合と違って、一度出来てしまったら塗り薬を使ってもなかなか完全に治すことは難しいですし、時間がかかるものです。なのでどうせ治すのに時間がかかるのならばピルを長期間に渡って服用することで治しても同じなのではないかと考えて服用する大人達が増えているのです。塗り薬を使って肌荒れを治す場合は肌荒れに対する効果しか当然期待できませんが、ピルを使って肌荒れを治す場合は肌荒れ治療以外にも様々な効果が期待できますので、まさに利用する人達にとっては一石二鳥なのです。
その他にも生理の時の出血があまりにも多いという悩みを抱えている人達が服用することも多くあります。生理の時の出血量が多いと毎月消費するナプキンやタンポンの量も多くなるということであり、大変な費用がかかります。なのでピルで出血量を抑えることが出来れば自然と経済的にも助かるようになるというわけなのです。このように様々なメリットがある薬は、なかなか他にはないと言えるでしょう。

■受精・妊娠を防ぐ
デソゲストレル
■副作用が少ない低用量ピルのお求めはこのサイトから
トリキュラーの飲み方